cherryizm's blog

お絵かきしたり 料理したり

【料理】ロゼワインに合う!ガーリックハーブクラッカー

ロゼワインに合うツマミを考えていて、

最初はカナッペにしようかと思って焼きましたが最終的にそのままで。

 

 

*ガーリックハーブクラッカー* 5cm四方クッキー型で20枚くらい

[器具]

 

オーブン

綿棒

型抜き(なければ包丁で)

フォーク

ボウル

 

[材料]

薄力粉 100g

オリーブオイル 小4

水 大1〜2

塩胡椒 少々

ガーリックパウダー 小1

バジル 3〜5振り

粉チーズ 小1(なくても)

 

[作り方]

①オリーブオイルと水以外の材料をボウルに入れ混ぜ合わせる。

②オリーブオイルを加え攪拌し、水を大1加え粉気がなくなるまで捏ねる。

(まとまりづらい場合は水を追加で大1程度加える)

オーブンを180℃に余熱開始。

③綿棒で厚さ2mm程度に延ばし、クッキー型で抜く。型がなければ包丁で正方形に切る。フォークで穴を開ける(5cm四方の型で3列くらい)。

④クッキングシートに並べ、余熱したオーブンで15分焼いて出来上がり!

f:id:confetticherry:20171107125204j:plain

 

粉チーズを入れずに薄味に仕上げ、モッツァレラやトマトを乗せてカナッペにも。

 

ごちそうさまでした。

 

【料理】皮はホームベーカリーおまかせの肉汁たっぷり肉まん

寒くなってくると肉まんが食べたくなりますね。

 

 

*肉まん* 手のひらサイズ10個分

[器具]

ホームベーカリー

麺棒

蒸し器

大きめの布巾

クッキングシート

ボウル

 

[材料]

・皮

薄力粉 200g

強力粉 100g

オリーブオイル 大1

砂糖 40g

塩 小1

水 150ml

ドライイースト 3g

ベーキングパウダー 4g

 

 ・餡

豚ひき肉 300g

玉ねぎ 1/2個

長ネギ 10〜20cm

キャベツ 2〜3枚

たけのこ 100g

醤油 大1

ソース 大1

塩胡椒 少々

おろしニンニク 小1

おろし生姜 小1

ごま油 大1

料理酒 大2

 

[作り方]

①皮の材料をホームベーカリーにセットし、パン生地コース(約1時間半)で作る。

②餡の材料を全てボウルに入れ、練る。10等分して丸めておく。若干薄味めなので、味が濃い方が好きな方は醤油の量を調整して下さい。

③蒸し器の蓋に大きめの布巾を結び、水滴が垂れないようにする。蒸し器の下段に水を張り、強火で湯を沸かす。

④皮の生地ができたら10等分し丸め、綿棒で軽く伸ばし手のひらに乗せる。

⑤餡を上に置き、包んでいく。蒸す間に開かないよう、ひだはしっかりめに閉じる。

⑥10cm四方に切ったクッキングシートの上に乗せておく。

⑦クッキングシートに乗せたまま蒸し器に間隔をあけ(蒸すと大きくなる為)並べ、蓋をして強火で15分程度加熱する。我が家の蒸し器では一度に5個が最適です。

⑧蒸しあがったら竹串で刺してみて、透明な肉汁が出ればできあがり!

f:id:confetticherry:20171106141010j:plain

 

写真右はキャベツ・エリンギ・卵の塩麹スープ。

肉まんは蒸したての熱々をいただきました。

肉汁が飛び出すので気をつけて。

 

ごちそうさまでした!

 

【料理】ベーコンと野菜のトマトソースピザ・かぼちゃと卵のホワイトソースピザ

月イチくらいで、ピザが作りたくなります。

 

 

*ピザ* 2〜4枚分

クリスピーな薄い生地なら4分割、ふっくら厚い生地なら2分割

[器具]

ホームベーカリー

麺棒

オーブン

クッキングシート

ヘラ

ボウル

ラップ or 布巾

 

[材料]

・ピザ生地

強力粉 280g

バター 15g

砂糖 8g

塩 5g

水 180ml

ドライイースト 3g

 

 ・具材

(トマトピザ)

トマト 1/2個

乾燥バジル 5振り

コンソメ 小1

塩胡椒 少々

※上記トマトソースはケチャップで代用可

ベーコン

冷凍むき枝豆

いんげん(アスパラでも)

ピザ用チーズ

(かぼちゃピザ)

薄力粉 10g

バター 10g

牛乳 大5

コンソメ 小1

塩胡椒 少々

※上記ホワイトソースは市販の物で代用可

かぼちゃ

ゆで卵 1個

ピザ用チーズ

マヨネーズ

 

[作り方]

①ホームベーカリーにピザ生地の材料をセットしピザ生地コースでスタート。

②その間にソースの用意をする。トマトソースとホワイトソースの2種類があるため、小鍋か小さいフライパンを2つ用意する。

(トマトソース)トマトを小さく切るかブレンダーで崩し、コンソメを入れて煮詰める。トマトの水分が少なければ白ワインか水を足しても良い。ペースト状になったらバジルを加え、味を見ながら塩胡椒を入れる。

(ホワイトソース)弱火でバターを溶かしたら薄力粉を加えヘラで練っていく。粉気がなくなったら大1ずつ牛乳を加えていき、都度よく撹拌する。ピザ生地上に落とした時とろりと塗り延ばせる程度の固さになったらコンソメと塩胡椒を加える。

③生地ができあがったら2or4分割にしてボウルに入れラップか布巾をかぶせ、生地を休ませる(30分程度)。すぐ焼かない分の生地はラップに包んで冷蔵庫で保存。

④その間に具材を用意しておく。

(トマトソース)ベーコンやいんげん、アスパラは食べやすい大きさに切っておく。

(ホワイトソース)ゆで卵をひとつ作っておく。かぼちゃは一口サイズ2mm程度でスライスにしておく。

⑤打ち粉をしながら生地をクッキングシートの上で綿棒で丸くのばしていく。端はくるりと内側に丸め、耳の部分を作れば良いのでいびつでも気にしない。

⑥オーブンを180℃に余熱開始。

⑦ソースと具材を乗せていく。

(トマトソース)下からトマトソース→ベーコン→枝豆→いんげん→チーズの順に満遍なく散らしていく。一番上ににんにくのスライスを乗せても美味しい。

(ホワイトソース)下からホワイトソース→かぼちゃ→輪切りゆで卵→チーズ→マヨネーズ

⑧オーブンに入れ、180℃10分焼く。上段と下段を入れ替えて再度10分。耳の部分やチーズに焼き目がついたらできあがり!

f:id:confetticherry:20171105101218j:plain

 

具材は好きなものを、好きなだけ乗せましょう。

写真は4分割のクリスピータイプ。

あとの2枚はトマトソースと醤油ベースの和風にしました。

 

ごちそうさまでした。

【料理】ホームベーカリーでうどん

 風邪気味…?

だけどうどんのストックがない…

よし、作ろう。

 

 

*うどん* 2人分

[器具]

ホームベーカリー

麺棒

包丁

 

[材料]

薄力粉 50g

強力粉  150g

塩 7g

水 100ml

 

[作り方]

①ホームベーカリーにすべての材料をセットし、うどんコースもしくはこね15〜20分のコースで生地を作る。

②生地ができたらボウルかラップにとり、乾燥しないよう30分〜1時間休ませる。

③打ち粉をした台(まな板等)に麺棒で薄く延ばしていく。

④三つ折りにして全面に多めに打ち粉をしたら包丁で切る。

(打ち粉が少ないと、切った時断面がくっついてしまうので多めに)

⑤鍋の水が沸騰したらバラバラと麺を入れ、7〜9分茹でる。

 ざるなら9分、煮込みなどあたたかいスープに戻すなら7分が目安。

⑥茹ったらザルにあけ、冷水でぬめりを取りしめて出来上がり!

 

f:id:confetticherry:20171103231507j:plain

 

今回風邪に効くよう、豚薄切り肉と長ネギ、生姜を入れたスープにしました。

ベースはかつおだしと規定の量で希釈しためんつゆに醤油を少し足したもの。

食べ終わる頃には身体ぽかぽかです。

ごちそうさまでした!

 

【料理】バジルチーズクッキー

ワインのつまみが欲しくなり、甘くないクッキーを作ることに。

 

*バジルチーズクッキー*

[器具]

オーブン

ボウル

クッキングシート

ビニール袋

麺棒

 

[材料]

薄力粉 50g

強力粉  50g

砂糖 10g

粉チーズ 10〜15g

乾燥バジル お好みで

オリーブオイル 30g

牛乳 大3〜4

塩(ふりかける用) 適量

 

[作り方]

①ボウルに粉を合わせて振るい、砂糖・チーズ・バジルを入れよく混ぜる。

②オリーブオイルを入れ、粉気がなくなるまで撹拌(練らない)。

③牛乳を大3入れ、まとまりが悪ければ大1追加してひとまとめにする。

④ビニール袋に入れ、麺棒で四角く伸ばしていく。

⑤オーブンを180℃に余熱開始。

⑥3,4mmの厚さに伸ばしたらクッキー型で抜いたり包丁でスティック状に切ったりする。

⑦クッキングシートを敷いた天板に並べ、上から塩をパラパラとふる。

焼成前の生地は脆いので注意して並べる)

⑧10〜15分焼いて粗熱をとり、できあがり!

 

f:id:confetticherry:20171102112536j:plain

 

ハロウィンは終わってしまいましたが、おばけちゃんカップがちょうど良い大きさでした。(実際できる量はこの2.5倍程度)

塩気が足りなければ、粗熱をとったクッキーと塩をビニール袋に入れ、折れないよう優しくシャカシャカするといい感じになります。

 

ワインやウイスキーのお供に。

 

 

【料理】りんごの赤ワインコンポート バニラアイス添え

秋になると美味しいりんご。

今年はコンポートにハマっています。

 

*りんごの赤ワインコンポート*

[器具]

小鍋

計量スプーン 大さじ

落し蓋(なければアルミホイルで代用)

 

[材料]

りんご 小ぶりなサイズ2個

赤ワイン 100ml

砂糖 50g

レモン汁 大さじ1

 

[作り方]

①りんごを半分に切り、それぞれ3等分(全部で6個)になるよう切り分ける。

 皮を剥いて種と芯を切り取り小鍋に入れる。

②りんごの上から砂糖をふりかけ、ワインとレモン汁を回し入れる。

③中火にかけ沸騰したら弱火にし、落し蓋をして約15分程りんごが柔らかくなるまで煮詰める。

 この時たまにりんごをひっくり返すことでムラにならず綺麗に色づく。

④冷蔵庫で冷やすと美味しい。バニラアイスが合う。

 紅茶と一緒に召し上がれ!

 

f:id:confetticherry:20171101150557j:plain

 

生で食べるのに飽きた時や、ちょっと痛み始めたりんごの救済にも。

 

赤ワインが飲みきれなかった時にも良いです。

 

【料理】塩麹レモン鍋のレシピ

本エントリーで、こちら(TRAUMENTS)の「ギブミーユアメイキング!」という企画に参加しました。

本来ハンドメイドクラフトとかイラストとかのメイキングだと思うんですが、なんでもいいと言われたのでまさかのレシピで参加です。(一応絵にした)

 

 

レモン鍋を作ることになった経緯

f:id:confetticherry:20140123225912p:plain

 

 

レモン鍋について色々調べてたら塩麹を入れているレシピを発見しました。丁度先日塩麹デビューして冷蔵庫にあったので、いつもの鍋に塩麹とレモンをぶちこめばいけるな!?と考え、そんな感じで作ることに。

 

 

f:id:confetticherry:20140123230102p:plain

 

レモンは広島産を使用。

注意点としてはレモンの白い部分は煮詰めると苦みが増すらしいのでそこはいれないこと。なのでかざり用のスライスも「わぁレモンが乗ってる!きれい!」って言ったら取り皿へゴー。

 

だしはかつおだしを1包ちょっと使いましたが、昆布だしをとっても美味しそうです。

見た目が茶色かったので人参なんかも入れると彩が綺麗になる気がする。

ちなみにお肉は鶏もも肉をいれました。塩麹でもみこんで寝かせてあるのでいつもより柔らかに。たぶん。

 

 

「さっぱりしていて美味しい!」と好評でした。